-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

資金繰りとは


こんにちは。財務コンサルタントの加納裕晃です。

「そもそも資金繰りって何?」

事業を経営していくうえで、とても重要なことの一つです。当たり前の様にもみえますが、改めて基本の「キ」をまとめてみました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

ご希望の方へ、ホームページへ掲載している内容はもちろん、加えて、より実践的な具体的手法や、すぐに使える各種フォーマットを掲載した無料レポートを配信中です。


【無料レポート】

《読むだけ!誰でも資金繰りが上手になる「キホン」と「コツ」》

-----------------------------------------------------------------------------------------

資金繰りとは

資金繰りとは会社の経費や仕入れ、従業員の給与などの支払に対応する為に「会社に入ってくるお金」と「会社から出てゆくお金」の管理を行い、資金の流れをコントロールすることです。

「資金」とは流動性の高い資金のことを指します。

・現金

・預金

・有価証券

などのすぐに現金として利用できるもの、売却して現金化できるものを指します。

その一方で

・売掛債権

・未収入金

・不動産

・什器備品

などの現金化までに時間を要するものは、「資金」には含みません。

資金繰りが必要な理由

会社の倒産とは

会社の運営を維持・継続できるなるくなること

を意味します。

会社は利益が出ていないから、赤字で倒産をするのではなく

資金が底をついた時に経済活動を維持することが出来なくなり

倒産します。

仮に毎月赤字の会社であっても、うまく資金繰りがなされておりお金がまわっていれば、倒産することはありません。

反対に毎月黒字の会社であっても、うまく資金繰りがなされておらずお金がまわらなければ、倒産してしまいます。

いわゆる「黒字倒産」です。

どんなに営業が得意であって、売上をあげることができても資金繰りがうまくいかなければ、会社は倒産してしまします。

会社を倒産させないためにも、経営者や経営・財務担当者は資金繰りに敏感になっておく必要があります。

税理士や会計士へ相談する勘違い

経営者のなかには、資金繰りを税理士や会計士に相談する方がいます。

しかし、資金繰りは「税務」「会計」とはまったくの別物であり、会社経営者でなければその方法はわかりません。

全国組織の優秀な税理士の集まりがありますが、そのホームページを拝見させていただくと「企業の黒字決算実現の支援」とあります。

いくらP/L上の税引き前利益が多くても、そこから法人税を支払い、借入金を返済すると純粋な内部留保の増加はどの程度でしょうか?

見せかけの税引き前利益よりも、使えるお金をいくら生み出すのかが経営では、一番大切なことです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

より具体的な手法などを掲載した無料レポートを配信中です。ご希望の方に差し上げておりますので、下記よりお受取り下さい。


【無料レポート】

《読むだけ!誰でも資金繰りが上手になる「キホン」と「コツ」》

#資金繰り

最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】