-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

返すと「話しをさせる技術」


みなさん、こんにちは。

事業の多角化を通じて

経営者のビジョンを「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。

先日、ある方の

『説明力向上セミナー』

を受講しました。

まだまだ、駆け出しのセミナー講師なので、

しっかりと人に伝わる「話し方」を

習得しようと思い。

昨年からトライしていた

セミナーコンテストでご縁があった

スピーチ&プレゼンテーションコーチ

吉田 充さん主催のセミナーです。

さすが、「話し方」のプロ!

といった内容で、とても勉強になりました。

(吉田さん有難うございました。m(_ _)m)

(もっと早く受講すれば良かったです…笑)

私、普段は話しを聞いている方がメインなので、

どちらかというと、

話しを聞いてる方が得意だったりします。

そして、かなりの「聞き上手」です。笑

吉田さんのセミナーでは、

人に伝わる説明(話し方)には、必ず「10の要素」が

あるそうです。

・誰が

・何を

・どのように

・いくつ(いくら)

・いつからいつ

・誰に

・誰のために

・誰と

・どこで

・なぜ

の10要素。

セミナー受講後にふと思ったんですが。

この「10の要素」を逆に相手に質問すると

どうなるんでしょう?

質問された相手は、

強制的に上手な説明ができますので、

無意識に相手に伝わる話し方ができますよね。

私がひとから「聞き上手だよね!」って

言っていただけるのって、

これを無意識にやっていることに気づきました。

人によっては、口下手というか

感覚的に(フワッと)話しをする方もいらっしゃるので…

吉田さん。

教えて頂いた「上手に話(説明)をする技術」を

「上手に話しをさせる技術」に

応用させて頂きます!笑


最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】

株式会社G&Cパートナーズ

北海道札幌市北区北24条西3丁目2-17

                                      遠藤ビル

[ 地下鉄南北線「北24条駅」 より 徒歩1分 ]

TEL.011-600-1266

[ 営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日・祝日]