-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

資金繰りの「最適化」


みなさん、こんにちは。

事業の多角化を通じて

経営者のビジョンを「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。

急遽、開催の二日目に登壇か決まった

株式会社F.A.Oさん主催のセミナー

3/14、3/17の日程で全4回

無事に終えることが出来ました…

セミナーを受講して頂いた皆様

主催の千田さん、フジケンさん

有難うございました。m(_ _)m

(受講者も講師も全員マスクという

 異様な光景でしたが…笑)

新型コロナウイルスに関連する

「助成金」×「補助金」×「融資」

の内容テーマのなかで、

私は「融資」を担当させて頂き。

もともと、

主催の千田さんとフジケンさん

のコラボ企画のところ。

急遽の登壇にも関わらず

多数の個別相談のお申込みまで頂き、

有難うございます。m(_ _)m

新型コロナウイルス特例措置のなかで、

助成金、補助金、融資以外にも

政府からは

関係各所へ様々な通達が出されています。

金融機関へは、

資金繰りの厳しい事業者へ対しては

返済猶予や条件変更(既存の)に

柔軟に応じるように

とか

年金事務所へは、

同じく、資金繰りの厳しい事業者へ対して

社会保険料の分割納付に応じるように

など。

実は、融資以外の部分でも、

対応が手厚くなっていたりします。

急な減収で、資金繰りが大変なとき、

融資で手元資金を確保する以外にも、

一定期間の支払を調整して

「キャッシュアウトを少なくする」

方法があったりします。

なので、

「資金を調達する」という視点ではなく

「資金繰りを最適化」させる

視点を持つことが大切なのかなと。

こんな内容も踏まえて、

セミナーでお話しさせて頂きました。


最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】