-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

完敗です..自分にね

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



11月1日(日)


2020年 F-1第13戦

エミリア・ロマーニャGP



決勝でしたね



【グリッドスタート

トップ10】のうち


ホンダの

パワーユニットを搭載した

・レッドブル

・アルファタウリ



4台すべてが入ったことで

かなり期待ありましたよね




【こんな報道が】

↓↓↓

アルボン、スピンを喫し最下位

「戦略が違えば余裕で表彰台に

立てたかもしれない」

レッドブル・ホンダ【F1第13戦】

投稿日: 2020.11.02 autosport web

********************



画像:autosport web




予選結果が好調だった

ホンダPU勢

かなり期待が高かったですが


【3番と4番グリッドスタート】

レッドブル・ホンダの

マックス・フェルスタッペン


アルファタウリ・ホンダの

ピエール・ガスリー


なんとリタイア..






【8番グリッドスタート】

アルファタウリ・ホンダの

ダニール・クビアト

4位に入賞





【6番グリッドスタート】

レッドブル・ホンダの

アレクサンダー・アルボン

最下位の15位



..と




なんとも予想外の展開に..




ホント..F-1は何が起こるか

予想が出来ないな..




リタイアした

フェルスタッペンガスリー

タイヤやマシントラブルなんで

仕方がないですが




ガスリーに関しては..

やっちゃったよね..



終盤で5番手を走行中に

レーシングポイントのペレスに

抜かれる場面があって



そこで反撃しようとして

スピンしたんですね..



画像:autosport web



そして最下位15番手に後退..





アルボンの【コメント】


「・・彼らを抑えきってポジションを

守るためにプッシュしなければ・・

・・それによってスピンが起きたんだ。」



「後から考えれば、別のやり方があった

かもしれない。難しい判断だった・・」





うーん..

アルボンは焦ったんだね



ここ数レースは不調続きで

ボロボロに叩かれてましたし



そこにジュニアチームの

ガスリーが絶好調だし



相当なプレッシャーが

あったよね..きっと




実際に来季の

ドライバーシート掛かってますから



アルボンにとって今回のレース

実際4レース分くらいの価値ですよ



結果を出さなきゃって

プレッシャーで焦ったんですよね..




F-1ドライバーって時点で

プレッシャーには相当強いけど




さらにトップクラスに

行けるかどうか



この差は大きいよね



ビジネスの場でも経営者は

なにかとプレッシャー多いですよね



経営者の方とお仕事するの

もう10年以上ですけど



大部分は

・お金の悩みと

・人の悩み


この2つじゃないですかね




私自身もありますもね

少なからずこのプレッシャーは



誰にでも相談出来る

内容でもないですしね..



問題解決するための

細かい枝葉のノウハウは

世の中にはたくさんありますけど




一番大事なのは

経営者自身が

プレッシャーにどう向き合うか


この根幹部分ですよね




経営者は立場上

誰に怒られることも無いですし

指示されることもない



なので気持ちひとつで

楽なほうへ向かいがちです



そうならない為にもの

私は普段、クライアントへ

コーチングを行っているんですが



言ってる自分自身は

どうなのかなと..



人間、不思議なもので

自分のことは良くわからないですよね



どこまでいっても主観なんで

仕方ないんですが..



そんな事もあって

最近、私自身にメンタルトレーナーの方に

ついて頂いてます



そうすることで

自分自身のことを客観的に

見れるようになっていくんですね



結果的に


わかっては要るけど

手を付けていない事だったり



プレッシャーありつつも

楽な方に逃げていたり



自分でもやってるなぁ

..と気づきましたね



認識が出来てさえしまえば

あとは対処するだけですので


何てことは無いですが



枝葉の問題解決に

意識が向きがちですが


経営者自身がプレッシャーと

向き合うこと


まずはこちらが先ですね