-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

残念だけど..運も実力のうち

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


11月1日(日)

2020年 F-1第13戦

エミリア・ロマーニャGP


決勝でしたね




レッドブル・ホンダの

マックス・フェルスタッペン


3番グリッドスタート



レース終盤に

2番手に浮上したんですが



右リアタイヤが

突然バーストして..リタイアに


残念でしたね..




【こんな報道が】

↓↓↓

フェルスタッペン、

タイヤバーストで2位を失う

「メルセデスと競っていたのに残念」

レッドブル・ホンダ【F1第13戦】


投稿日: 2020.11.02 autosport web

********************





画像:autosport web




レッドブル・ホンダの

マックス・フェルスタッペン



予選からかなり好調な様子で



決勝は3番グリッドからスタート



スタートは絶好調でしたよね



2番グリッドスタートの

ハミルトンをすぐに追い抜いて



トップのボッタスに

次いで2番手に浮上しました




中盤のタイヤ交換のタイミングで


1番手 ハミルトン

2番手 ボッタス

3番手 フェルスタッペン


と順位が入れ替わりましたが



2番手を走るボッタスは

マシンダメージで不調でしたし



ハミルトンを追うことも

十分できる様子でしたよね




【レースの50周目】


走行中に突然

右リアタイヤがバーストして

リタイアになりました..


画像:autosport web




原因はコース上のデブリを

踏んでしまった様子なんですが



うーん..残念




今期のフェルスタッペンは


完走できたレースを

必ず表彰台を獲得してるので




リタイアがなければ

ドライバーズタイトルも

狙えたはずなんですが..



今回はタイヤトラブルですけど



過去には

パワーユニットのトラブルだったり

クラッシュだったり..



ほんとF-1って、アクシデントで

結果が変りますよね..




まぁ、そこが面白いんだけどね




経営でも同じで

アクシデントはありますよね




・トレンドの変化

・法律・法令の改正

・マーケットの変化


だったり..「時代の変化」





経営をしていると

自社でコントロールが出来ない

外部要因が起因して



アクシデントが

起こることがあります




私、過去に「時代の変化」が

原因でグループ全体のうち



32.5%の主軸事業が撤退に

追い込まれた経験があります



・スタッフがいるが仕事がない

・給与の支払いはしなければならない

・請求書が届くが支払うお金がない


こんな状況を経験しました



思い出したくないけど..(-_-;)





こんなアクシデントにも

対応が出来るビジネスモデルを

構築するためにも



業状が良いときにこそ

未来の仕事に取り組むベきですね



フェルスタッペンは

アクシデント多いし..


ホント..F-1って

結果を予想できない..



それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------


最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】

株式会社G&Cパートナーズ

北海道札幌市北区北24条西3丁目2-17

                                      遠藤ビル

[ 地下鉄南北線「北24条駅」 より 徒歩1分 ]

TEL.011-600-1266

[ 営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日・祝日]