-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

隣の芝生は..青くない..

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


11月13日(金)

トルコGP


フリー走行でしたね



開催サーキットは

イスタンブール・パーク



F‐1の開催は

なんと9年ぶり



今回のF-1開催に合わせて

コース路面が舗装された様子



凄くきれいな

路面だったんですが..




【こんな報道が】

↓↓↓

ボッタス3番手

「ラリーみたいで楽しかったけど、

課題が山積み」メルセデス

【F1第14戦金曜】

投稿日: 2020.11.14 autosport web

********************



画像:autosport web



F-1のサーキットって

路面に黒いタイヤのあとが

残っているイメージありません?




今回トルコGPが行われる

イスタンブール・パーク




F-1の開催に合わせて

路面を再舗装した様子で


コースが

メチャクチャきれいでしたね





ただ..





ドライバーにとっては

これが死活問題だった様ですね




フリー走行が始まった途端

ほとんどのドライバーの無線から




「グリップがない..」

「アイスリンクみたい..」

「ピレリにスタッドレス持って来て..」


..が連発




コースアウトも続出でしたし

ピットアウトも頻繁に..




コース路面がきれい過ぎると

かえってタイヤがグリップしないので

走りずらいんですね..




しかもピレリが

持ち込んだタイヤが..

C1〜C3の一番硬いやつ..

(あとで叩かれるね..きっと)





■メルセデス

バルテリ・ボッタス

【コメント】


「・・F1というよりラリーを

しているような感じだった。」


「・・通常のドライビングの

基準からはかけ離れていたんだ。」




どうやら..

ボッタスはオフシーズン中に

ラリーカーをドライブする

ことがある様子




その経験が活きたんですね




ちなみに、

チームメイトのハミルトン..

パッとしない様子で