-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

こんな人居るからね..たまに


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



12月12日(土)

F‐1 2020シーズン 最終戦

アブダビGPの予選でしたね




レッドブル・ホンダの

マックス・フェルスタッペン




最終戦にして

やってくれましたね!




【こんな報道が】

↓↓↓

レッドブル代表

「マックスにはまた驚かされた。

このポールを必ず勝利につなげよう」

【F1第17戦】


投稿日: 2020.12.13 autosport web

********************



画像:autosport web




新型コロナの影響をうけ

波乱の2020シーズンでしたが


いよいよ最終戦ですね




各チーム、ドライバー



マシンカラーや

ヘルメットデザインなど

特別仕様が多いです




普段よりも

見た目が派手ですね!




このレースを最後に

チームを去るドライバーもいますし


独特な空気感です



そんななかでの予選レース



最終戦にして

ついに見せてくれましたね!




見事に

ポールポジションを獲得した



レッドブル・ホンダの

マックス・フェルスタッペン




画像:autosport web




ハミルトンが病み上がりって

こともありましたけど



ようやく最終戦にして

結果が出ましたね



まだ予選なんですが..



フェルスタッペンのゴール直後は

まるで優勝した様なお祭り騒ぎ..笑




レッドブル・レーシング

チーム代表

クリスチャン・ホーナー

【コメント】



「マックスは今日見事な

パフォーマンスを発揮し、

完璧なラップをまとめあげた。・・


「今年チームの全員がハードワーク・・

すべてがうまくまとまり、

好結果を出すことができたのだ。」


「・・最速ピットストップの

トップ10のうち9回が

我々が成し遂げたものだ。


我がチームの

クルーの仕事ぶりは素晴らしい。」





うーん..





F-1ってパッと見だと

個人スポーツに見えますけど


チームスポーツなんですよね

ドライバーの実力だけじゃない



マシンに係わるメカニックや

ピットクルーもいますし



レース戦略や裏方サポートも

含めて良いチームじゃないと


結果が出ないんですよね




そういう意味では

レッドブルはホントに良いチームです




「打倒メルセデス!」という

チーム共通のビジョンがありますから




メルセデスとは



正直..



絶対的なマシン性能の差がありますし

ドライバーの実力差もあります




その状況でもチームの

総合力で勝負しているんですよね



現にタイヤ交換のピットタイムは

レッドブルがずば抜けてますし



これもマシン性能の差を

補うチームの努力ですよね



チーム共通の

ビジョンやゴールが明確で

浸透しているチームは良いチームすね




これは経営でも同じですよね




前職時代の出来事で


たまに現場に

同行することがありました



えっ..!?と思う事が..




取引先への

訪問前だったんですが



手土産を買うという事で

デパートに立ち寄ったんですが



贈答用の菓子折りと一緒に

なんと自分用に購入していたり...



もちろん経費ね...(-_-;)





ほかにも


「ちょっと休憩」..と


平日ひと気が少ない

ショッピングモールの駐車場に

車を止めて



いきなり昼寝しだすし...




こんな不良スタッフいましたね..(-_-;)




..でも




「どれだけ仕事しても

給料が変わらないから


それなら楽な方が良い」




これ従業員の本音です

気持ちもわかります..





ただ..



経営者の視点で考えると

生産性のかけらもない..



こんな具合に


経営者と従業員って