-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

ただの趣味..ここまで来ると


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



F-1は2021年シーズンから

予算制限のレギュレーションが

導入されますよね



規模の大きいチームにとっては

予算が縮小となるので



厳しい局面に..




【こんな報道が】

↓↓↓

予算制限の導入に伴うチーム縮小で、

フェラーリの一部スタッフが

ハースへ移籍。マラネロに新拠点を設置へ

投稿日: 2020.12.23 autosport web

********************



画像:autosport web



スクーデリア・フェラーリ



言わずと知れた

F-1の名門チームです




来シーズンから導入される

予算制限にともなって



チームの規模を

縮小する動きなんですね




その動向の一環で


パートナーシップ関係のハースへ

スタッフ数名を移籍させる様子です




フェラーリ チーム代表

マッティア・ビノット


【コメント】


「・・我々のスタッフのうち

何人かは彼らのチームに

参加することになるが、

・・いい機会となると思う」



「これは素晴らしい機会だ。

というのも、こうすることで

彼ら(ハース)の組織と

技術組織を強化できるからだ」





画像:autosport web



..うーん




なるほど..








これは..






ハースにとっては

メリットが大きいように感じますが






体の良いリストラですね..




決してハースは

フェラーリのジュニアチームでは

ないですからね..




解雇したスタッフが

ライバルチームに行くよりは




提携関係のチームに行く方が

良いという判断の様ですが




会社を経営していても