-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

信用ができるか..できないか


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



ウイリアムズの

ジョージ・ラッセル


2020シーズン 第16戦

サクヒールGPでは



ハミルトンの代役として

メルセデスからの出走でしたよね



【こんな報道が】

↓↓↓

ウイリアムズF1、

ラッセルがメルセデスで得た

知識の適用を検討。

スタート改善に向けクラッチに焦点


投稿日: 2020.12.25 autosport web

********************




画像:autosport web




サクヒールGPでは



メルセデスのハミルトンが

新型コロナの陽性となり欠場



その代役を務めた

ウイリアムズのラッセル



ラッセルはメルセデスの

ドライバー育成プログラムの

メンバーなんですよね



予選から決勝の中盤までは

絶好調の様子で



そのまま優勝の

雰囲気もありましたよね



..ただ



メルセデスの

チームの大失態で…



結果は残念でしたが…




それでも

ラッセルにとっては

良い経験になった様子で



メルセデスでの経験を

来シーズンのマシン開発に

活かしているんですよね

(ウイリアムズの)



画像:autosport web



ウイリアムズ

車両パフォーマンス責任者

デイブ・ロブソン

【コメント】



「彼は(メルセデスでの

スタートが)特に良かった。



彼は我々のマシンでも

何度か良いスタートを

切っているが、



我々に欠けているのは

一貫性だと私は思う」





なるほど…





ラッセルは

メルセデスのマシンに

乗ったことで



自分が普段乗っている

ウイリアムズのマシンの

改善点に気付いたんですね




確かにね…



メルセデスW11は

現代最強のマシンですからね