-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

どう分配しようかな..最適に


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



F-1の名門チーム

ウイリアムズ



2020シーズンは不調で..



ランキングは10位で

最下位でしたよね




【こんな報道が】

↓↓↓

ウイリアムズ

「規則一新の2022年はチャンス」

今季とのリソース分配が課題に

2021/01/29 motorsport.com

********************





画像:autosport web




ウイリアムズは

2020シーズン中に



創業家の

経営の手から離れ



アメリカの投資会社

ドリルトン・キャピタルへ


事業が譲渡されました...




そういった意味で

2021年は新たな幕開けですね




今時期は

シーズンオフ中なので

マシン開発は真っ只中




ウイリアムズも

最下位から脱出に

向けて作業を続けてますね




..ただ




2021シーズンの

マシン開発って...




事情が特殊なんですよね




コロナ禍の影響で

予算や開発工程に制限が

あるなかで...




現行型の

マシン開発を行いつつ




2022年シーズンの

新型開発も必要なので




シーズン中の

何れかのタイミングで




現行の開発はストップして

2022年型の開発へ

移行する必要があるんですよね




ウイリアムズ

チーム代表 サイモン・ロバーツ

【コメント】



「・・2021年から2022年にかけての

“持ち越し”がゼロだという点だ。


だからどうあろうとも

乗り遅れることはできない」



・・・



「2022年の最初のレースから逆算して、

冬季テストに向けて何が

必要なのかを明らかにして、



組織全体が持つキャパシティや

どれだけの余裕があるのかを見つつ、

開発プログラム全体を

どうやって進めるかを考える必要がある」




...なるほど




今季と来季の開発で

リソース分配が課題なんですね




...うーん

難しいよね..(-_-;)





経営でリソースというと

ひと・もの・カネ


...あと時間かな





この経営資源は

限りがありますので



どのように分配するか

かなり重要ですよね




上場企業・大企業なみに

中小企業にも潤沢なリソースが

あれば良いんですが...



そう上手くも行きませんよね



リソースの分配で大事なのは

全体最適の視点ですよね




あまり意識してないと


パッと目についた問題点や


これやりたいなと

思いついたことだったり



部分的な箇所に

全力でリソースを

投入することになるもんで



どこか一か所だけが

ベストになる部分最適に

なってしまいますよね




経営の場合

全体としての結果が

良ければ全て良しなので



最適化された部分以外の

マイナスが全体に影響して



結果が全体でマイナスに

ならないように



全体に最適な

リソースの分配は

常に意識しないとですよね




ウイリアムズに限らず...



今シーズンの

マシン開発は大変だろうな..



それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------




-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】

株式会社G&Cパートナーズ

北海道札幌市北区北24条西3丁目2-17

                                      遠藤ビル

[ 地下鉄南北線「北24条駅」 より 徒歩1分 ]

TEL.011-600-1266

[ 営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日・祝日]