-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

バランスってことか..結局


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


過去に4度

F-1ワールド

チャンピオンに輝いた


セバスチャン・ベッテル


2020シーズンは

フェラーリで不調でしたよね


【こんな報道が】

↓↓↓

アストンマーティンF1代表、

ベッテルの知識欲に感心

「走るパフォーマンスエンジニアだ」

投稿日: 2021.02.08 autosport web

********************




画像:autosport web



ベッテルは

2021シーズン


アストンマーティンに

移籍しますよね



昨シーズンの

フェラーリでは

不調でしたので



新規一転で

楽しみですね



アストンマーティン

チーム代表

オットマー・サフナウアー

【コメント】


「彼は、楽しめるのならレースを

続けたいという考えでここに来た」


「彼は意欲にあふれている。

彼とランス(・ストロール)は

素晴らしいパートナーになるだろう。



「ベッテルは、

マシンへの理解を深めるため、

マシンのパフォーマンスと

データ分析、セットアップ等を

担当するパフォーマンス

エンジニアと同等の知識を

得ようとしている」



..なるほど



ドライビングの

テクニックだけが


ドライバーの

スキルでは無く



マシンそのものへの

技術的な理解も必要なんですね



確かにF-1って


マシンの設定モードが

挙動に与える影響とか



サーキットに合わせて

ベストな走行をするためには




どんなセッティングが

必要なのかとか



ドライバーに求められる

テクニカルな要素も

多いんですよね



このあたりは

経験ですよね..



そういういみでも



ベッテルは経験もあるし

知識欲も強いタイプ



何ごとも

知識と経験は

大事ですよね



これは経営や仕事でも

同じですよね



..でも



知識欲が強くても


知識だけあって

その知識の使い方を


解ってないと

何にもならないですから



このあたりを

カバ―するのが

経験なんでしょうね



知識と経験...



私はどちらかというと

先に経験をしてから



知識を補っていくことが

多いですかね..



まぁ..その分


失敗も多いですけど..笑




知識も経験も

どちらかに偏ってちゃ

ダメって事ですよね




それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------




最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】