-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

損する図式ですね..これは


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



F-1 2021シーズンでは



スプリントレースが

試験実施の予定ですよね



【こんな報道が】

↓↓↓

F1スプリントレース、

試験実施に向けたハードルは?

アストンマーチン

「適切なルールが必要」

2021/03/09 motorsport.com

********************





画像:autosport web





従来通りのF-1だと



土曜日に予選を

タイムアタック形式で

行って



その後

日曜に決勝が行われます




今シーズンでは



予選の段階で

ミニレースを行い



その順位で

決勝のスタート順を

決めるという



スプリントレース方式が

試験導入されるんですね




F-1全体としては

概ね賛成の様子なんですが



一部では反対意見も

あるんですよね




アストンマーチン

テクニカルディレクター

アンドリュー・グリーン

【コメント】



「クルマはすでに設計され

製造されているのだから、



もしルールが適切でなければ、

スプリントレースによって

メインレースが

危険にさらされる可能性がある」



「スプリントレースを行なうために、

ルールを整えることが最も重要だ」





..なるほど




現状では


試験導入の案の

段階なもんで



詳細は決まって

いないんですね..




..もうシーズン

開幕するけど..(-_-;)





..現実問題として



ブレーキ交換は

許されるのか?

とか



パワーユニットの

配分はどうなるのか?

とか




状況次第ではマシン設計も

根本から変わる自体に

なり兼ねないんですよね



しかも

開幕目前ですから



2021シーズン仕様の

マシンは仕上がってますし




しかも設計そのものは

従来通りの仕様..




ルールが後付けというのも

なかなかですね...(-_-;)




メカニック側としては



先に決まっている

ルールがあって



そこに合わせた

設計をおこないたい

ところではありますよね




...うーん


ルールって大事




私もたまに

お見かけするんですが



ルールがあっても

機能していない..


そんなケースありますよね



中小企業の多くは

社長が株主の

オーナー企業が多いですよね



社長の裁量が大きいので



ルールがあろうと

なかろうと


社長の判断で

ものごとが決まる



いわゆる

ワンマン経営は多いですよね



裁量が大きいこともあって



ルールから

逸脱していたとしても



結果的にその判断が

正しくなってしまう..




私が知っている

会社なんかだと



基準や規定の以前に


社長のお気に入り度で

大半ものごとが

進んでいるケースもありますよね...



まぁ..



本人はいたってフェアに

しているつもりなんですが



ぱっと見ると

ザ・不公平




器用なスタッフは

得してますけど



立ち回りが

上手くできないと


損する図式ですね..これは




こうなると

スタッフの側も



社長の好む結果になれば

それで良い訳ですから



本当の意味での成果は

出そうとしなくなりますよね



..やりがいの

欠片もない..(-_-;)



まぁ..


当たり前ですが


ルールって守ってこそ

意味がありますよね




F-1の場合は違反すると

ペナルティなんで


分り易いんですけどね




それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------




最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】