-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

影響が大きいよ..慣れって


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


F-1 2021シーズン


レーシングポイントから

レッドブルへ移籍した



セルジオ・ペレス



開幕戦もまずまずの

結果でしたよね




【こんな報道が】

↓↓↓

セルジオ・ペレス

「まだドライビング

スタイルを調整する必要がある」

2021年4月1日 f1-gate.com

********************





画像:autosport web




ペレスはこれまでの

F-1キャリアの全てで



メルセデス製の

パワーユニットが搭載された

マシンに乗っていました



なので



今回のレッドブルへの移籍で

一番大きな変化というと



メルセデス製ではない

パワーユニットの

マシンに乗る事なんですよね



現代のF-1マシンって

電子制御に加えて

細かなモード調整があるので



経験があるドライバーでも

そのマシンへの慣れって

影響が大きいんですよね





レッドブル

セルジオ・ペレス

【コメント】


「マシンを

運転する方法に関連する

いくつかの特定の問題がある。


自分のドライビンングを

マシンに合わせなければならない」


「まず、マシンの運転に必要な方法で

運転していることを確認して、


そこから

それに取り組む必要がある」


「でも、僕が慣れている

ものとは非常に異なっているので

時間がかかる」





...だよね




ペレスはF-1に

デビューした2011年以降



ずっとメルセデス製の

パワーユニットで

走ってましたからね



それが今シーズンでは

レッドブル+ホンダですからね



この変化に対応しなければ

なりませんからね



...変化への対応



大事ですよね

これは経営でも




・トレンドの変化

・法律法令の改正

・マーケットの変化

・人口減少・少子高齢化



こういった


経営を取り巻く外部環境は

日々変化してますよね



そのなかで



ただただ

日々の繰り返しでは

生き残っていけませんよね



経営者も会社も

常にアップデートして



変化への対応が必要です




ただ..



何か改革をしようとすると..



だいたい

スタッフは拒絶しますよね




一度根付いた企業文化って

なかなか変えられないですから



良くも悪くも

現状を変えたがらないのが


人間の本能なんで..

(現状維持バイアス)




なので会社組織を

アップデートしていくためにも


・理念

・ビジョン

・10年後のゴール



こういった


組織全体で共有する

価値観は必要ですよね




F-1の場合だと

レースで優勝する


..とか


わかりやすいですけど



経営の場合は

そう簡単には行きませんから



このあたりも意識して

組織づくりが大事ですよね



それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------




最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】

株式会社G&Cパートナーズ

北海道札幌市北区北24条西3丁目2-17

                                      遠藤ビル

[ 地下鉄南北線「北24条駅」 より 徒歩1分 ]

TEL.011-600-1266

[ 営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日・祝日]