-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

賛否両論あるよね..未だに


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



現代のF-1マシンの動力って

V6ターボエンジン+電動モーターで



パワーユニットと呼ばれる

ハイブリットシステムなんですよね




【こんな報道が】

↓↓↓

パワーユニットはF1界の“嫌われ者”? 

その是非について改めて考える

2021/04/09 motorsport.com

********************






画像:autosport web




F-1の動力機関は

2014年のレギュレーション改定で



内燃機関(エンジン)から

パワーユニットへ変更となりました



今年で8年目ですが...



賛否両論ありますよね..未だに



F-1を純粋に

モータースポーツと捉えている

ファン層から


まず槍玉に

あがったのは「音」ですよね



V8エンジン時代から比較すると

音が小さすぎるんですよね



迫力が...ない...





ほかには


開発費が高騰することも....




...ただ




自動車産業の全体が

内燃機関(エンジン)を

脱却する方向に

進んでいることもあって




F-1としても動向に

合わせて行かなければ

商用的な魅力が薄れるので...




同じく舵をとった

結果なんですよね



今後に関しては



完全な電動化や

バイオ燃料への移行だったり



環境面へ配慮する

自動車業界の動向に合わせて



F-1も動いて行くことに

なりますよね




...うーん


時代の流れですね



F-1に限らず

時代って...常に変化して

行きますからね



その変化に合わせて

生き残っていくことは

大事ですよね



...うーん


これは経営の

場面でも同じですよね



特に自社では

コントロールが出来ない部分