-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

イコールじゃない..得意だけど


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



今年のF-1の勢力図...



タイトル争いは

メルセデス vs レッドブル


この図式ですね




【こんな報道が】

↓↓↓

レッドブルF1代表

「メルセデスが我々を

優勝候補とするのは心理戦の一種」

2021年4月26日 f1-gate.com

********************





画像:autosport web




メルセデスは7年連続の

ワールドチャンピオン



対してレッドブルは

+ホンダ体制では

最終シーズンになりますが



最後にしてようやく

タイトルが争えるトップチームに

なりましたよね




レッドブル チーム代表

クリスチャン・ホーナー

【コメント】


「・・トトは、追いかけて

追いつく必要があるという

認識を生み出すために、



必然的にレッドブルを

優勝候補として

特定しようとしている」



「・・正直に言うと、

我々が優勝候補だとは思わない。



我々は7回連続の

ワールドチャンピオンと

対戦している。・・」



...なるほど



時間はかかりましたが



レッドブルは

現代最強のメルセデスの

ライバルに成長しました



今では完全に

ライバル関係ですからね



..ただ



惜しいのが



+ホンダ体制が

今シーズン限りとなること



2022シーズンからは

またメルセデスのワントップに

なってしまうのでしょうか...



メルセデスにとっても

今シーズンは正念場ですよね



...う―ん



経営の場面でも

ライバルって必ずいますよね



そして

どの業界にも必ず

上場大手がいます



中小零細企業は

資金力や認知度で

既に負けてますから



同じマーケットのなかで

とう戦略をとっていくか



大事になってきますよね




ちょうど昨日

この365日ブログの

9ヶ月会セミナーがありました

↓↓↓