-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

なるってこと..原点に


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



先日のアゼルバイジャンGP



トラブル・クラッシュ

続出しましたよね




優勝候補の

ハミルトン(メルセデス)と

フェルスタッペン(レッドブル)が



揃ってリタイアとなりました...



【こんな報道が】

↓↓↓

フェルスタッペン、目前で勝利を逃し

「時々このスポーツが嫌いになる」

2021年6月7日 f1-gate.com

********************






画像:autosport web




レッドブルは

レース中盤から



フェルスタッペン&ペレスで

1-2位の体制を形成しました



もう、このまま

優勝するんだろうなぁ...




と安心した感じで

中継見てましたが



レースの終盤で



トップを走る

フェルスタッペンのタイヤが

突然バーストして....フォールに衝突



そのまま

リタイアしましたよね




レッドブル・ホンダ

マックス・フェルスタッペン

【コメント】



「とても残念だ。

時々、このスポーツが嫌いに

なることがある。・・」



「正直なところ、

あの時点までは素晴らしい一日だった。



マシンは素晴らしかった。

・・とても快適にリードしていた。



簡単に勝てたんじゃないかな。

でも、もちろん、

このスポーツには何の保証もない」



...だよね




なんの前触れもなく

突然のアクシデントですし



フェルスタッペンも

怒りがあったのか



クラッシュ直後には

マシンを降りてから



バーストしたタイヤを

蹴ってましたからね



そりゃ嫌にもなりますよね



モチベーションの

コントロールは大事ですよね



これは経営の場面でも同じです



中小企業の場合って

経営者とスタッフの距離が近いので



経営者が機嫌悪くて

ピリピリしていると