-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

すれ違い..ってこと!?


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



先日のアゼルバイジャンGP



レース終盤に

トップを走行していた

フェルスタッペンが乗るマシン



左リアのタイヤが突然バースト...

クラッシュしましたよね



その影響は他のドライバーにも

波及していたんですね




【こんな報道が】

↓↓↓

ウイリアムズF1のラティフィ、

チームのミスで30秒の

タイム加算ペナルティ

「僕にはどうすることもできなかった」

投稿日: 2021.06.10 autosport web

********************





画像:autosport web



ウイリアムズの

ラティフィ



フェルスタッペンのクラッシュに

よってセーフティカーが出て



そのタイミングで規則違反の

30秒のタイムペナルティを受けました



セーフティカーが出動し

コース上のデブリ清掃のため



全車がピットレーンを

通過して走行するように

指示が出ましたが



ラティフィは

ピットレーン入口に近づくなかで



チームからの指示ミスで

ピットレーンを通らなかった事で

ペナルティを受けました



というのも

チームからの無線の指示は



「ステイアウト、ステイアウト、..」という指示



これを聞いたラティフィは

文字通り「外に留まる」として



ピットレーンには入らず

コースに留まりました



..ただ



実際の意味は

「ピットレーンを通るように。

だがピットストップはなしだ」



という意味なんですね



...うーん



なかなか難しいですね..笑



ウイリアムズ

ニコラス・ラティフィ

【コメント】



「そう、あそこで僕ができる

ことは何もなかった。



ステイアウトするように

言われたんだ。


単なるミスコミュニケーションだよ」



...そう


コミュニケーションのミスなんです



お互いの認識のズレは

恐ろしいですね..



ビジネスの場でもありませんか?

互いの認識のズレ