-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

2022年では、ガラリと変わりますねぇ。


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



F1は2022シーズンから

マシンのレギュレーションが

大幅に変更になりますよね



【こんな報道が】

↓↓↓

F1ドライバー、

次世代F1マシンとの初対面に

様々なリアクション

2021年7月16日 f1-gate.com

********************





画像:autosport web




本日から始まる

イギリスGP



その前日に

シルバ―ストンサーキットで

2022年型のコンセプトマシンが

はじめて公開されましたね



↓↓↓




タイヤサイズが

13インチ→18インチへ変わり



レースをより接近させて

オーバーテイクし易い設計に

変わりました




ドライバーたちからの

【コメント】は



フェルスタッペン

「・・慣れているものとは

非常に異なって見る」



ルイス・ハミルトン

「・・このマシンが追従を

容易にするなら、・・

素晴らしいことになるだろう」



ダニエル・リカルド

「・・見れば見るほど

ノーマルに見えてくると思う・・」



カルロス・サインツ

「・・フロントはよりアグレッシブだ」




...賛否両論ありますね




F-1も時代と共に

動いて行くことになりますよね



F-1に限らず

時代って...常に変化して

行きますからね




その変化に合わせて

生き残っていくことは

大事ですよね




これは経営の

場面でも同じですよね




特に自社では

コントロールが出来ない部分




よくSWOT分析に登場する

【内部要因】と【外部要因】

ってありますけど




この【外部要因】って

自分ではコントロールが

出来ない部分ですよね



・トレンド変化

・法律・法令の改正

・競合他社の動向

・マーケット変動

・人口減少



とか..このあたり




この「時代の変化」って

大局的な見地は

流れに身を任せるしかないか...




こんな具合に悠長に

構えていると痛い目みます




何度もブログに書いてますが...



私は前職時代に

この「時代の変化」の影響で



グループ企業全体の32.5%が

撤退に追い込まれたんですよね...(-_-;)




撤退した事業を単体でみると

完全に経営破綻してました



思い出したくない...(-_-;)



何とか乗り越えることが

出来ましたが



それってグループ企業が

あったからなんですよね




私がいま多角化戦略を

コンサルをしている理由って

この過去の経験から




「事業の多角化」と聞くと

難しく聞こえますけど





要は

たくさんの売上の入口を

つくること




老人介護の事業者が

障がい支援事業に取り組むとか




少しだけ隣の業界に

進出するイメージですよね




なんなら既存事業の延長で

新たな売上の入口をつくっても

良いですし




皆さんなぜか

全く新しい分野へ進出する

イメージを持たれる方多いですが..



そんなことも無いんですよね



日本は人口減ってますからね


現状維持だけでは

自然とお客さんはいなくなります..



なので

「時代の変化」は

コントロール出来ないですが




コントロール出来ないなりの

対処方法は身に着けるベきですよね




それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------