-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

一度、不公平を認めると連鎖しますからね…。


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



F1 第10戦 イギリスGP

決勝レースでは



レッドブル・ホンダ

マックス・フェルスタッペンと



メルセデス

ルイス・ハミルトンの

大クラッシュがありましたよね



クラッシュの後

レッドブルとメルセデスの代表が



赤旗が出ている間に

FIAのレースディレクターに連絡をとり



この大インシデントについて

それぞれの一方的な

見解を示しそうなんですね



【こんな報道が】

↓↓↓

レッドブルF1代表、

赤旗中にスチュワードを訪ねた

メルセデスを批判。

レースディレクターは今後の規制を決定

投稿日: 2021.07.24 autosport web

********************






画像:autosport web




この対応がさらに物議を

呼んでいる様子があるんですよね



…というのも



メルセデスのチーム代表の

トト・ウォルフが



レーススチュワードと直接

インシデントについて

話し合いたいと提案をして



それを受け入れたので



レッドブルのチーム代表の

クリスチャン・ホーナーは


ウォルフの行動に激怒して

異議を申し立てているんですよね



うーん..



難しいところですが

ルールに乗っ取っては




あくまでも

公平さは大事ですよね..



例外は一度認めてしまうと

次に類似ケースがあったとき



さらなる不公平に繋がって...



この連鎖はもう

止まりませんからね



基準や規則は大事ですよね



これって経営の

場面でも同じですよね




中小企業の場合

社長が裁量で

ものごとが決まる




いわゆるワンマン経営の

会社は多いですよね



私が知っている

会社なんですが..



基準や規定の類は

一応は整備されているんですが



スタッフへの采配が

社長のお気に入り度で

ほぼ決まっている

状況があるんですよね..


</