-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

難しい内容を、簡単に伝える方法ないのかな...。


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


ブログ 368日目



これまで365日間

バカのひとつ覚えの様に

F1をネタにブログを書いていたので



ネタに困る...(-_-;)



別で代表を務めるこの会社

↓↓↓







アート・フィナンシャルサービス㈱



医療・介護・障がい事業様に向けて


「診療報酬ファクタリング」という

金融サービスを提供しています



只今、WEB集客を強化するべく

あれこれ思案中です




...が




そもそも

サービス内容が分かりにくい...




ファクタリングと言われても

何なのソレ?...って感じですよね




あまり一般的なものではないですし



金融サービスってだけで

怪しい感じもありますからね




ところで



先日キャンプに行きました



バーベキュー用に火をおこそうと

火ばさみで炭を割ろうとしたんですが...




なんと




自分の親指の爪を叩き

大量に内出血をしました...

(痛かった...)




その後も調子が悪いので

病院に行ったんですよね




おじいちゃん先生に

慣れた手つきで浮いた爪を

剥がされるという...



荒っぽい治療を受けました



爪に負ったダメージが

回復するためには


ただただ

新しい爪が生えてくるのを

待つしか方法が無いんですね




その後のお会計は保険証を出して

3割の自己負担を支払い無事に終了...と



こんな具合に

病院にかかると3割の自己負担を

支払ますよね




この時の病院の売上のうち

残り7割の部分というは



国保や社保の

公的な基金から賄われます



そして


この売上が実際に入金になるのは

患者さんが病院に来た月の

翌々月なんですよね