-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

これがないと信頼はない


画像:F1-Gate.com




こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


「ハイレーキ

・コンセプト」





F1(フォーミュラ1)

レッドブル・ホンダ




マシンデザイン

コンセプトです



まぁ、なんのことか

分かんないですよね...笑




だんだんF1ネタが

マニアックになって行く...笑




こんな報道が

↓↓↓

レッドブルF1 「ニューウェイの

ハイレーキ・コンセプトを信じている」

2020年8月25日 F1-Gate.com

********************




【F1マシン】って



とんでもなく

速く走行

するので




コース中で

安定させる

ために



ダウンフォース

といって




空気の力


走行するマシンを

地面に押し付けることで




安定させて

いるんですね



こんな

イメージ

↓↓↓


画像: F1-Data.com




この

ダウンフォース

を最大化



させるために



レッドブル・ホンダ



マシン設計

取り入れている

コンセプト


「ハイレーキ」



マシンの

後ろが高く


前傾姿勢

のコンセプト


こんな具合

(分かりづらいけど...笑)

↓↓↓

画像:F1-Gate.com




この

「ハイレーキ

・コンセプト」



いまの

F1ではトレンド

になっていて




多くのチームが

採用しています




【今回の報道】は


マクラーレン

テクニカルディレクター

ジェームス・キー



この

「ハイレーキ・コンセプト」

疑問をもっていて



マクラーレン

2021年に

“ローレーキ”

のマシンに移行することを

検討している


とういう内容




ただ、そんな中


レッドブル・ホンダ

「・・・・“ハイレーキ”の

マシンデザインを信頼し続けている」




とういう

一貫性

をもったもの




経営でもこの

一貫性って

大事ですよね




「ブレない軸」




実際に今シーズン

マックス・フェルスタッペン

アレクサンダー・アルボン



マシンに苦戦

しているにも関わらず



この

判断を信頼

していると語っています




会社にも

「ブレない軸」

をつくると




一貫性ができて




それが

信頼に繋がって

いきます



従業員からも

お客さんからも



もちろん

人としても





とはいっても...




なかなか

難しいですよね




考え方が変わる

こともありますし



何が正解なのか

が分からなくなる

こともあったり




私は

クライアントへは


この

組織としての

一貫性

をもつために



行っていることの

ひとつが


10年後の

ゴール設定



まずは

ここがスタート

(ゴールだけど、スタートね)




ここから

逆算をして



10か年

経営計画を

つくります



これが会社の

「ブレない軸」



これがあると

判断基準も明確になります


何よりも

一貫性ができます



そしてそれが

信頼に繋がって

行くんです




ちなみに、この

「ハイレーキ・コンセプト」



これを、F1界に

もたらしたのって


そもそもが

レッドブルなんですけどね




それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------


最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】

株式会社G&Cパートナーズ

北海道札幌市北区北24条西3丁目2-17

                                      遠藤ビル

[ 地下鉄南北線「北24条駅」 より 徒歩1分 ]

TEL.011-600-1266

[ 営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日・祝日]