-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

丸投げの仕組み

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


先日

8月16日(日)


2020年F1第6戦

【スペインGP】



『ドライバー・

オブ・ザ・デー』


(決勝レースを観戦した

 ファンからの人気投票


を獲得した



フェラーリ

セバスチャン・ベッテル



【こんな報道が】

↓↓↓

マネージャーを持たないベ ッテル、

現在の難局においても

契約交渉は自身で行う意向

投稿日: 2020.08.26 autosport web

********************



画像:autosport web



多くの場合


F1ドライバーって

各自に

マネージャーが

ついています




マネージャー


・ドライバーの日々のことや

・契約ごとなんかを


マネジメントしてる人で



所属するチーム

担当者がいる場合もあれば




個人マネージャーを雇う

場合もあったり



様々なんですが




ベッテルには


この

マネージャーが

いないんですね




【ベッテル】といえば



2020年末


フェラーリからの離脱

決まっているので




ちょうど今

将来に関わる

話し合いや交渉



重要な時期

なんですね




そんな契約交渉

自分自身で

行っています




画像:autosport web


こういう

ドライバーって


ごくごく

少数なんです




経営者の方で


なんでも

自分でやらないと

気が済まない

って方いませんか?



まぁ、ベッテル

「いつも僕が

やってきたやり方」

と言ってるので


これが

彼のやり方

なんでしょうけど



マネージャー

いた方が


いろんな面で

役に立つ

と思うんですけどね



お金の繋がりだと

人を信頼出来ないのかな?




経営者の場合

なんでも自分で

やっているうちは



会社組織を

大きく出来ません




一定の規模までは


社長が1人

取り仕切っても

問題ないんですが




会社の規模を

大きくしたい場合

(売上も人員も)



必ず

社員に任せる

ことが必要になってきます




でも、これが

なかなか出来ない

んですよね



私もどちらかというと


人を育成するより

自分でやった方が早い

と考えるほうなので...

(ベッテルのタイプ)



【クライアントの会社】だと


会社全体の

目標の数値を

(経営計画の)


部署ごとや

月ごとに

細分化して




目標の数値

担当者に

与えてます



こうすると


社員

経営計画のどの部分

担当しているかが

見えるようになります



担当者

どう頑張れば良いか

考えることが出来るので



自分の

役割を自覚

していくんですね




こうやって


社長が

もともと1人で

行っていた業務を


ひとつひとつ

担当社員に

落とし込んで


仕組み化

して行くんですね



なんでもかんでも

社長が自分で

やってしまうのは


経営ではなく

労働です



会社が

大きくなっていく

タイミングで

必ず起こる

ことなんです



画像:autosport web


ちなみに

ベッテル


契約交渉を

自分で行う一方


PRやメディア対応

ブリッタ・ロースケに

すべて任せているんですね



それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------