-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

この実力にはウラがある

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------


8月30日(日)


2020年

F1ベルギーGP


決勝が

行われましたね




表彰台

あがったのは






1位

メルセデス

ルイス・

ハミルトン


ポール・トゥ・ウイン!

(スタート順が1番で

そのまま1位ゴール)




2位は同じく

メルセデス

バルテリ・

ボッタス



メルセデス...強すぎ






3位

レッドブル・ホンダ

マックス・

フェルスタッペン



画像:autosport web



予選結果と

同じ順だね



レース終了後

3位表彰台の


レッドブル・ホンダ

マックス・

フェルスタッペンが


コメントしました



【こんな報道が】

↓↓↓

フェルスタッペン

「大満足の3位とはいえない。

パンクが心配だったがピットに入れず」

レッドブル・ホンダ【F1第7戦】

投稿日: 2020.08.31 autosport web

********************




レッドブル・ホンダ

マックス・

フェルスタッペン



スタートは3番手


序盤は

3番手をキープ



11周目

アルファロメオ

アントニオ・ジョビナッツィ



ウイリアムズ

ジョージ・ラッセル



相次いでクラッシュ...



画像:motorsport.com

怪我は無い様子

(良かった...)




セーフティカー

導入され




この際に

フェルスタッペン

ピットストップで

タイヤを交換しました


終盤

3番手を走り



2番手にいる

メルセデス

バルテリ・ボッタス



迫る場面

ありましたが



タイヤの

コンディションが

悪化したため




確実に3番手で

フィニッシュすることに集中




6戦連続で表彰台に

あがりました




レース終了後

フェルスタッペン

【コメント】




「・・・今日のレースは

僕にとっては

あまりエキサイティングな

ものではなかった



「・・・残念ながら上位に

大きな動きはなかったし」



「タイヤの摩耗が

とてもひどかった・・・」



「レース終盤には・・・

タイヤを労わり

リスクを避けて

確実にフィニッシュする

ことを目指した」




こんな内容のコメント




無理に勝負を

かけるより



リスクを

避けたんですね



画像:autosport web



経営でも

リスクを避けるの

大事ですよね



レース終盤

フェルスタッペン


タイヤの摩耗が

激しかったので



前を走行するメルセデス勢

ついていけなかったんですね




タイヤ交換の

選択肢も

あったはずなんですが



後ろに走行する


ルノー

リカルド

警戒したんですね



最後の8周

タイヤを労わるために

ペースを落として走行して



確実に3位を

とりに行ったんですね



会社経営でも

リスクは

色々あります




自社で

コントロール出来るリスク

ならまだ良いですが



問題なのは

自社で

コントロール

出来ないリスク




特に

・トレンドの変化

・法律法令の改正

・人口減少

・災害



この

「時代の変化」が


一番リスクです