-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

チームなんだから!


画像:autosport web


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



9月4日(金)

2020年 F1第8戦

イタリアGP



フリー走行

行われましたね




今回の

モンツァ・

サーキット




F1シーズンのなかで

最も

高速なコース




2005年の決勝では

キミ・ライコネン

370.1km/h

記録してます!


(速すぎて

よくわかんないけど)



高速コース

なので物をいうのが

エンジンパワー



トップスピート

稼ぐために


薄く小さな

ウィングを使用





そうすると反動


走行中の

挙動が不安定

なるので


サスペンションは

しなやかな

セッティングに...




画像:autosport web




こんな具合

モンツァ・サーキットって


特別なコースで



このコース専用

特別仕様

パッケージが



投入されることが

多いんです



【こんな報道が】

↓↓↓

レッドブルとホンダF1との

関係ではワークスチームに勝てない?


2020年9月5日 F1-Gate.com

********************




ルノーのチーム代表

シリル・

アビテブール

の【コメント】




レッドブル・レーシング

・・・“好機を見逃している”

・・・ホンダF1との

関係ではそれが実現できていない




【レッドブル・レーシング】は


母体が

自動車メーカーではない

こともあって



自前で

エンジン開発を

してません




他社から供給を

うけてます




2019年からの

エンジン供給は

ホンダ




そして

2018年まで

エンジン供給

していたのは

ルノー

なんですね




こんな具合に

レッドブル・レーシング




マシン開発の担当

それぞれ

別れてます




会社経営

にてますね

・営業

・経理

・総務

・販売...



会社も

こんな具合に

部門が別れてます




画像:HONDA F1公式



ルノーのチーム代表

シリル・

アビテブール



「シャシー側エンジン側

チームが完全に連動していない



と指摘しているんですね



過去の

レッドブルとルノーも

そうだったのかな...




そしてこんな

【コメント】



「・・・シーズン全体にわたって

・・・本当に1つのグループ、

1つのチーム、1つの考え方を持つ必要がある」





この考え方

大事ですよね




「ワンチーム」





経営でも

経営者から

従業員まで


担当も

部門も関係なく




組織全体として

・1つのグループ

・1つのチーム

・1つの考え方




ワンチーム

になることは大事です



能力が高くて

優秀なスタッフ

たくさんいても



みんなの

向かっている方向

バラバラだと



良い結果なんて


絶対に

出せません




...とはいっても

人なんで

・考え方

・価値観

・好きや嫌い



なんて

それぞれですし



完全にひとつになんて

簡単じゃない...




これを

実現させるには



経営者が描いている

・ビジョン

・ミッション

・理念



なんかを


組織全体としての

共通のゴール

として



従業員と共有

して行くことが必要

なんですね



そして


それを

形にしたものが


経営計画書

なんです



私は普段の

コンサルティングでは


このあたりから

サポートしています



ワンチーム


組織として

良い結果へ向かうためには

大事ですね




レッドブル・ホンダは


今期、調子を

あげてきていますね


イタリアGP

どうなるんでしょうか


楽しみですね!




それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 

(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------


最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】