-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

この3人..これが定位置

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------




9月12日(土)


2020年 F1第9戦

トスカーナGP


予選ありましたね



結果は...


メルセデス

ルイス・

ハミルトン

ポールポジションを獲得



2番手は同じく

メルセデス

バルテリ・

ボッタス




3番手は

レッドブル

マックス・

フェルスタッペン





もう定位置だね...笑



画像:autosport web



【こんな報道が】

↓↓↓

【気になる一言】

「激しいダンスでもしていたんじゃない?」

上機嫌のフェルスタッペン、

体力的に厳しいサーキットも歓迎

投稿日: 2020.09.13 autosport web

********************



【予選終了後】



メルセデス

ハミルトン




メルセデス

ボッタス




レッドブル

フェルスタッペン



トップ3のドライバー

会見に出席しました




この【会見でのやりとり】



記者から

「・・・リカルドは予選後に

『ここは1周した後、息が切れた』

と語っていましたが、

あなたたちはどうでしたか?」


と質問があって



少し聞き取り

づらかったんでしょうね




メルセデスの

ハミルトン

「えっ、彼はいまなんて言ったの?」


と聞き返えしました





隣にいた

レッドブルの

フェルスタッペン

「ダニエルが息が切れたんだとさ」


と笑いながら

ハミルトンに説明しました





すると

ハミルトン

「じゃ、マックスが答えてよ」


と言って




この質問は

フェルスタッペン

回答しました


「・・・彼は激しいダンスでもしていたんじゃない?。

まあ、それは冗談で、・・・

確かに普通のサーキットよりも、

いくらか呼吸は苦しいけど、特別驚くほどじゃないよ」





レースでは

お互いライバルですが



仲が良さそうですね




経営でも

同業他社は


ライバルでもあり

仲間でもありますよね



画像:autosport web



【会見】は続いていて

メルセデスの

ボッタス

「体にきついことは確かだけど、

こういうのは歓迎」



と答えると




ハミルトン

「パワステを禁止するというのはどう?」と


フェルスタッペンに

笑って話しかけると




フェルスタッペン

「僕はドライバーの体重を増やすほうがいいと思う」



と冗談で

返していたんですね




ホント

仲が良いんですね




お互いに同じ

レーシングドライバー

という境遇だからこそ




苦労したり

良い経験だったり



気持ちが分かり

合えるんでしょうね





経営も

同業他社との関係



ライバルという

競争相手

ではありますけど



決して

敵視するって

意味ではないですよね





まぁ、なかには


同業他社の悪評たてて

お客さん取ろうって

考えの会社もありますが...




こんな顧客を

奪う奪われる

って発想


良くないですよね




顧客には

喜んでもらって

いかに

選んで頂くか



その為に

より良いやりかたを

追求していくことで



自社だけではなく

業界

全体の価値

もあがっていきますよね




このあたり

色々な会社を見ていて

思うんですが



経営者

しっかり考えていても



従業員

同業他社を

思いっきり敵視してたり

ってケースたまに見かけます