-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

扱いが..だいたい雑..

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



9月27日(日)


2020年 F-1第10戦

ロシアGP

でしたね


フェラーリ

セバスチャン・ベッテル


結果は13位でした


入賞できず...


画像:autosport web



今回のレースはベッテルにとって

F-1での250戦目だったんですね




【こんな報道が】

↓↓↓

ベッテル13位

「ルクレールのためにルノーを

 抑える役割を与えられた」

フェラーリ【F1第10戦決勝】


投稿日: 2020.09.28 autosport web

********************



フェラーリ

セバスチャン・ベッテル



スタート順は14番目

ミディアムタイヤでスタートしました


30周目のピットストップ

ハードタイヤに交換して


結果は13番


入賞は出来ず...

残念ですね




ベッテルのレース後の【コメント】


「少し退屈なレースだった。

・・・クラッシュや接触を利用して

順位を上げるということができなかった」


僕をピットストップさせずに

走らせておいたのは、ルノーを

抑えさせる目的だった・・」


画像:autosport web




これはフェラーリ

チームとしての戦略なんです



前を走行するルクレール

タイヤ交換後のピットアウトで


後続のルノー勢に抜かれないように


ベッテルがルノー勢を

おさえる役割だったんです




F-1は各チーム

ドライバーが2名いて



基本的にはチームメイト同士で

バトルを自由に行って大丈夫です



ただ今回のケースのように


どちらかのドライバーが

もう片方の走行を支援することもできて



フェラーリは

チームとして指示をしたんですね



ベッテルに与えられた役割


チームメイトのルクレールが

少しでも上の順位になるように


後方支援することだったんですね


結果、ルクレールは6位入賞



ベッテルにとっては

つまらんレースでしょうね..




経営でも会社組織のなかで

それぞれの役割ありますよね



ある業務を担当していたスタッフが

・突然、辞めたり(飛んだり)

・病気やケガで入院したり


こんな具合に引継ぎもなく

業務がストップした経験ありませんか?



そして引継ぎが無いだけではなく

そのスタッフが担当していた業務内容を

本人以外、だれも把握していない


ほんと困りますよね


場合によっては

お客さんに迷惑かかったりもします




属人化

とは良く言いますが

人に業務が帰属

してしまうこと




中小企業の場合って

余剰な人員なんて居ませんから

こんな状態を良く見かけます


極論いってしまえばですけど


人間なんで...

突然、死ぬこともありますよね


このあたり

なかなか意識してなければ難しいので


事態が起きて

はじめて気付くことも多いですよね


でもそれでは手遅れなんです



普段から

人に業務が帰属するのではなく

業務に人を帰属

させること



この体制づくりは大事です



ベッテル...

来期はアストンマーチンなんで...

フェラーリでは雑な扱いなのかな..



それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------


最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】

株式会社G&Cパートナーズ

北海道札幌市北区北24条西3丁目2-17

                                      遠藤ビル

[ 地下鉄南北線「北24条駅」 より 徒歩1分 ]

TEL.011-600-1266

[ 営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日・祝日]