-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

残念な..お知らせです..


画像:autosport web


こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



10月2日

F-1へ参戦する

ホンダの公式発表が

行われましたね



2021年シーズンを最後に

F‐1への参戦を終了するとのこと..



F- 1のパワーユニット(エンジン)を

供給するメーカーは現在4社

・メルセデス

・フェラーリ

・ルノー

・ホンダ


唯一の日本企業なので

応援していたんですが...


ホントに残念な報道です



【こんな報道が】

↓↓↓

F1活動を終了し、2050年の

『カーボンニュートラル社会』を

目指すホンダ。

2022年以降のF1活動再開は計画せず


投稿日: 2020.10.02 autosport web

********************



ホンダは航空機エンジンの技術を活用して

(ホンダジェット)

F- 1のパワーユニットでも力を発揮して来ました


【パワーユニットの供給】は

・2015〜2017年は

マクラーレン


・2018年からは

トロロッソ(今のアルファタウリ)


・2019年からは

レッドブル・レーシング


現在は2チームへ供給しています

・レッドブル・ホンダ

・アルファタウリ・ホンダ



参戦成績も

2019年シーズンは3勝

2020年シーズンも2勝

(ロシアGP時点)


現在のコンストラクターランキングも

レッドブル・ホンダは2位


徐々にシーズンチャンピオンも

狙える実力になって来ていました



経営判断なんで仕方がないですが...

残念です...(-_-;)




【ホンダのプレスリリース】

↓↓↓

FIA フォーミュラ・ワン世界選手権への参戦終了について

2020年10月02日


<一部抜粋>

自動車業界が100年に一度の大転換期に直面する中、

Hondaは、最重要課題である環境への取り組みとして、

持続可能な社会を実現するために

「2050年カーボンニュートラルの実現」を目指します。



今後、ホンダが目指す価値観は

「2050年カーボンニュートラルの実現」

なんですね


この価値観とF-1への参戦に

共通するものが無いんですね



ホンダのF-1撤退...残念ですが

経営判断としては素晴らしですね


企業として価値観に

合わないものは、やらない


これは経営の基本です



私これまで10年間で100案件以上

新規事業の創出に関わって来ていますが


初期のころなんかは

このあたりの考えが全く意識してなくて


当初の事業計画

まったく予定通りに行かなかったり


事業を撤退したこともありました


ただ、人間って面白いことに

失敗すると学習するんですね


上手くいくパターンって色々あって

・共通性

・再現性

はないんですよね


でも


上手くいかないパターンは

大体が決まってます