-Blog

【ビジネスの「カノウセイ」】

この雲行きは..どうも怪しいな..

こんにちは

事業の多角化を通じて

経営者の10年後ビジョンを

「カタチ」にします!

多角化戦略コンサルタント

加納 裕晃です。


---------------------------------------



10月11日(土)


F- 1 2020第11戦

アイフェルGP


予選でしたね




10月9日(金)の

フリー走行の1、2回目は

悪天候で中止



かろうじて

予選当日のAMに行われた

フリー走行3回目は走行出来ましたが...



ぶっつけ本番な感じが

ドキドキですね..



予選3番手を獲得した

レッドブル・ホンダ

マックス・フェルスタッペン


マシンのアップデートも順調で

決勝も期待が出来そうです



【こんな報道が】

↓↓↓

レッドブル首脳が示唆

「エンジンの状況次第でF1撤退もありえる」


2020年10月08日 topnews.jp

********************



画像:autosport web



レッドブル・レーシングの顧問

ヘルムート・マルコ



こんな【コメント】が報道されました



「2022年以降に向けてホンダに代わる

“戦闘力のあるエンジン”を

見つけることができなければ

F1から撤退する可能性もある・・」




ホンダのF-1撤退の影響は

ここまであるんですね..


・レッドブル

・アルファタウリ


ホンダのF‐1撤退を受けて

2022年シーズンからのパワーユニットの

供給先を探す必要があるんですね




マルコの【コメント】は続いて



「もし競争力のある解決策(エンジン)を

見つけることができなければ、

それ(F1撤退)も選択肢に・・」



F1タイトルを狙うことができる

エンジンがなければ、我々は

このプロジェクトに興味が持てないからね」



画像:autosport web



うーん...現実的な選択肢だと


●一つ目は

ルノーから供給を受ける


●二つ目は

ホンダから知的財産権を買い取って

パワーユニットを自社開発する


こんな具合でしょうね...



ルノーとの関係は良好とは言えませんし...

自社開発もハードル高いよね...



レッドブルもF-1事態からの

撤退を考えるほど影響受けたんですね



ホンダ...F-1に戻らないかなぁ



でも、大事なことですよね

撤退基準を

明確に持つこと




経営では

絶対に失敗しない方法は

ありませんよね



なので、あらかじめ

撤退基準を持つことは大事です



特に新規事業を始めるとき




【例えば】

・トータル予算が枯渇したとき

・予測収支を25%下回ったら



とか...失敗した場合の

最大損失を決めておくんです



この撤退基準を

明確に決めておかないと


はじめの計画値を下回ったとき



費やした費用や労力が

もったいないと感じてしまって



心理的に途中でやめることが

難しくなるんですね



よく言うサンクコスト効果



そして、どんどん

損失が膨らんで行くことに...



私の過去の【事例】だと


当初の計画では

・開始から1年で黒字化して

・3年でイニシャルコストを回収する

計画だったものが


いざ、蓋をあけてみると


黒字化までの

2年ががり



そのぶんの

運転資金を追加しました



結果、黒字化までに

投じた資金を回収するのに

10年かかることに...



やらない方が良かったな...

こんなこともありましたね



想定した最大損失を

超える場足はすぐに撤退です




ホンダがF‐1を撤退して

レッドブルまで撤退になると..


メルセデスに勝てるチームあるのかな..



それでは、また明日

ブログをアップします

-----------------------------------------

なぜ私が

多角化戦略コンサルタントなのか?



コチラの記事に書いています。

↓↓↓

【なぜ?多角化戦略コンサルタント】 


(加納の黒歴史...

読まないで下さい。m(_ _)m)

-----------------------------------------


最新記事

すべて表示

-メルマガご案内

 【ビジネスの「カノウセイ」】

株式会社G&Cパートナーズ

北海道札幌市北区北24条西3丁目2-17

                                      遠藤ビル

[ 地下鉄南北線「北24条駅」 より 徒歩1分 ]

TEL.011-600-1266

[ 営業時間 9:00 ~ 18:00 定休日 土日・祝日]